百合展2020の予約販売は終了いたしました。

たとえとどかぬ糸だとしても

 

■Story■

ごくごく平凡な高校生、鳴瀬ウタには、人には言えない秘密があった。
それは、実の兄のお嫁さんである薫瑠に恋をしていること。
決して実らない恋だけど、日々の営みが嬉しくて、
その一方で兄との新婚生活を見ていると胸が張り裂けそうで…。
彼女は心を押し殺す。
そっと心に秘めた恋心が、目を覚まさないように――

  

■作家名■

tMnR
Twitter:@yukiiti

 

■プロフィール■

「コミック百合姫」2017年1月号の『たとえとどかぬ糸だとしても』1話でデビューを果たした新進気鋭の作家。細やかな心情表現を得意とし、『たとえとどかぬ糸だとしても』では同居する義姉に恋心を抱く妹の心情を繊細に描き、好評を博している。

 

 


ⓒtMnR/一迅社