百合展2020の予約販売は終了いたしました。

おとなになっても

 

■Story■

好きになったのは、女の人でした——。

小学校の先生をしている綾乃は、久しぶりに立ち寄った行きつけのバーで、朱里に声をかけられる。二人は初対面ながら意気投合し、そのまま朱里の部屋へ。キスをしてまた会うことを約束する。しかし数日後、朱里のバーに現れた綾乃は「夫」を連れてきて……!? 初めての気持ちに戸惑う綾乃と、そんな綾乃に振り回されながらも惹かれる心を止められない朱里。
30代の半ばになっても、わたしたちはまだ全然大人なんかじゃない。
胸騒ぎが止まらない、少しビターな大人百合!

 

 

■作家名■

志村 貴子
Twitter:@takakoshimura

 

■プロフィール■

1973年、神奈川県生まれ。1997年、『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。初連載作品の『敷居の住人』を発表以来、登場人物の内面を繊細に紡ぎだす心理描写と、透明感あふれる魅力的な絵柄で、男女問わず熱狂的な支持を集める。2009年に代表作『青い花』、2011年に『放浪息子』がテレビアニメ化。2015年、『淡島百景』が第19回文化庁メディア芸術祭でマンガ部門優秀賞を受賞。2020年10月に、アニメ『どうにかなる日々』が劇場公開された。現在、『おとなになっても』『淡島百景』『ビューティフル・エブリデイ』などを連載中。その他の著書に、『こいいじ』『ラヴ・バズ』『娘の家出』『さよなら、おとこのこ』など。

 

■Information■

『おとなになっても』コミックス1〜4巻(講談社)好評発売中。Kissにて連載中。
https://kisscomic.com/c/otonaninattemo/

 

 

ⓒ志村貴子/講談社