百合展2020の予約販売は終了いたしました。

(削除予定)とどのつまりの有頂天

 

■Story■

神社の娘で方言がコンプレックスな山田 美古都と、
仏頂面で周囲から恐れられる生徒会役員、猫崎 蓮。
全寮制の女子校”有頂天高校”で出会った彼女たちは、
毎日のように放課後をふたりで過ごしている。ふたりの共通点は、ほかに友達がいないこと。
そしてお互いのことだけを、特別な友達だと考えていること。
「猫崎さんがわたしを見つけてくれた時ーー世界に色がついたんよ」
「巫女装束だって関西弁だって、美古都さんの全部全部…かわいいって思ってたわ…」ひとクセもふたクセもある少女たちの青春と心の交歓を描いた
百合恋愛コメディ!『とどのつまりの有頂天』(少年画報社 刊)から装いを新たにしてリリース!

 

■Preview■

 

■作家名■

あらた伊里(あらた・いり)

 

■プロフィール■

漫画家。月刊コミック電撃大王などで活躍中。
代表作に『雨でも晴れでも』(KADOKAWA刊)、『総合タワーリシチ』、『壊れていてもかまいません』、『呪いのあおいちゃん』、『とどのつまりの有頂天』(少年画報社刊)などがある。
お酒大好き。

公式Twitter:@aratairipixiv
pixiv:https://comic.pixiv.net/works/4830

 

■Information■

ⓒあらた伊里/少年画報社

この特集には商品がありません